大学受験を成功させる為には、塾や予備校(入学試験や資格取得試験などを受験する人に、その試験に合格するための知識や情報を教えるための商業的な民間の教育施設のことをいいます)に行った方が良いのでしょうか? 塾や予備校(不況に伴い、就職予備校に通う人も増加しています)に通わなくても、志望校に合格している人はいるので、絶対に通わないといけないわけではないのです。 自分の力や高校の授業だけで十分合格出来る力を持っている人は、わざわざ通わない方が良いです。 むしろ通うことでペースを乱したり、勉強方法が変わってしまい、受験に失敗する可能性があるでしょう。 今のままだと合格が難しいと感じる人や一人で勉強する事は苦手という人は、選択肢の一つに入れてもいいかもしれません。 塾や予備校に通うメリットは、以下の3つです。 ・質問ができる環境 ・モチベーション維持 ・現在の学力が分かる 一人で勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)やっていると、わからない事があってもなかなか解決する事が出来ませんが、塾や予備校だと講師に質問することができます。 分からないところを曖昧にせずにその場で解決できるのは、最大のメリットだといえるでしょう。 また、他の生徒と一緒に授業をうけるので、モチベーション(やる気、動機付けなどともいわれます)を維持しやすいですし、今の自分の学力がわかると言ったメリットもありますー